Kyashと楽天カードを用いたポイント二重取り、三重取り

スポンサーリンク

どうも~!はじめましての方は初めまして、とっと と申します!

決済・送金アプリKyashをご存知でしょうか?

クレジットカードから自動チャージすることでポイントの二重取りをすることができる他、

kyashアプリを入れている同士ならプリ間で送金を手数料無料で行うことができます。

キャッシュレスを行う上で採用しない理由が見つからないほど優れた機能を持っています。

今回はKyashの全貌を明らかにし、効率よくポイントをゲッスマート決済の仲間入りができるように後押しします!

Kyashの種類と対象サービス

①Kyashについては3種類のカードがあります。

Kyash cardKyash card LiteKyash card virtual
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
オンライン(国内外)
国内利用×
海外利用××
VISAタッチ決済××
ポイント還元1.0%0.5%0.5%
本人確認××
1回の限度額30万円5万円3万円
1日の限度額5万円3万円
1月の限度額100万円12万円12万円

※12万円を超えた場合は、以降ポイントは付きません。

とっとがオススメするのは断然 Kyash card です!

ポイント還元1.0%!

手数料が900円かかりますが、9万円買い物すれば元はとれます。

しかもこの手数料は 発行 に対してです!年会費はかかりません!

なのでKyash card一択です!

②クレジットカードをKyashに紐づけ、Kyashにリンクさせることで、残高がなくても決済・送金で利用した分を自動でチャージしてくれます。

Kyashは、以下からチャージすることができます。

  • クレジットカード(Visa・Mastercard)<オートチャージ・事前手動チャージ>
  • セブン銀行ATM
  • コンビニ<事前現金チャージ>
  • 銀行ATM(ペイジー)<事前チャージ>
  • 銀行口座<事前チャージ>
  • Kyashポイント<事前チャージ>

どう考えてもクレジットのオートチャージをオススメします。

お金の管理に不安を持っている方はその他の事前チャージを活用するのがよいでしょう。

③カードとアプリは連動しているので、残高や明細がリアルタイムで確認できます。

カードの決済限度額の設定もアプリ上で行えます。


Kyashによるポイント二重取りの方法

先ほどからちょくちょく話題には出ていますが、クレジットカード等とKyashを紐づけるとクレジットカード等のポイントも付与されます。

とっとは楽天経済圏の住人なので楽天カードで話を進めます。

上記で記載した内容を楽天カードに変換します。

楽天カードをKyashに紐づけ、Kyashにリンクさせることで、残高がなくても決済・送金で利用した分を自動でチャージしてくれます。

そして決済時にはKyashの1%還元および、紐づけた楽天カードの1%がともにそれぞれの形で付与されます。

合計すると2%還元ですね!

さらに各種ポイントカードが使える場合はさらにポイント付与されます!

例として、セブンで楽天ポイントカードを提示の上、楽天カードを紐づけたKyashで1万円分の支払いとすると、

10000 x 1%(楽天カード) + 10000 x 1%(Kyash) + 10000 x 0.5%(楽天ポイントカード) = 250ポイント還元

いわゆるポイント三重取りといわれる方法ですね。還元率は2.5%!

ここで豆知識ですが、現在Line Payクレジットカードは2021年4月30日までのショッピングについてはポイント還元率3%です!楽天ポイントカードと併用すれば3.5%還元!2020年9月末現在、一番ポイント還元のある決済方法だと思います。ちなみにLine PayクレジットカードをKyashに紐づけることはできません。

以下のようなケースでは、ポイント還元の対象外です。

  • 交通機関への支払い
  • 税金や公共料金などへの支払い

Kyashによる送金

Kyashアプリを互いにインストールしていると、アプリ内で手数料なしで送金ができます。

ついこの前までクレジットカードからのチャージも対象でしたが現在はできなくなりました。

コンビニや銀行口座からのチャージは使えるので、依然として手軽に送金することが可能です。

送金されるとポイント残高として処理され、次回の支払い時に充填されます。

今の時代、割り勘もスムーズに行いましょう!

 

 

いかがだったでしょうか。

最初にカードの紐づけさえしてしまえばあとはKyashにて支払いをするだけ!

勝手にポイント2%還元となります。

楽天もKyashも支払いに充てることができるのでポイント消費について考える必要はありません。

スムーズなキャッシュレス化を手に入れましょう!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました